上田宗箇流

現代まで残った武家茶道の流れであること。
利休の静中の美、織部の動中の美に対して、
宗箇オリジナルの独特の美を見ることができる。
茶寮、和風堂、書院屋敷など江戸時代の
武家屋敷構成再現がされており、
伝来の道具、古文書も多数残っている。
作法の特徴として、凛として、美しい。
さらに男性は男性らしく、女性は女性らしく。

上田宗箇流の特徴

中国新聞SELECT

【武家茶道 新たな時代へ】
~上田宗箇流若宗匠の1年~
と題し、2019年11月から2020年10月までの
1年間毎月第1日曜日(または第2日曜日)に
中国新聞SELECTに記事が掲載されます。
連載記事に関連する動画も配信されておりますので
是非、ご覧下さいませ。

友の会『清静』

「清静」とは、門弟や関係者でなくとも、招待制の茶会に参加したり、年に1度、広島・上田流和風堂で開催される会員限定の茶会に参加できる、一般の方々を対象とした友の会です。
茶の湯の経験がなくても、知識がなくても全く問題ありません。
武家茶道に興味がある方、また上田宗箇流に興味がある方は是非どうぞ。

浅野氏広島城入城400年 関連事業

最新情報

一覧

プロモーションムーヴィー

詳しくはこちら